【無料】LINEで最新情報を配信中!
Amazon

せどり・転売・物販で利益300万円を毎月維持するために必要な資金はどれくらいか?

どもども。

今回は手法的な話ではなくて、資金的な話をしていこうかと思います。

 

今皆さんが目指している利益額というものがそれぞれあると思うのですが、その利益を達成するためにどれくらいの資金が必要になるのかを把握できている人はどれくらいいますでしょうか?

 

既に目指す利益は達成していて、これ以上成長させる必要がないという方であれば、今現在回している金額が必要資金になるので、把握できていると思うのですが、大半の方は今よりも発展をするために次の目標利益というものを設定していると思います。

 

で、目標利益は定まっているのに、そこに必要な資金だったり必要な過程を把握していない人って結構多いんじゃないかと思って今回の記事を投稿させていただきました。

 

 

ギクッとしたそこのあなた!!

ここで気づいてしっかりと把握すればまだまだ間に合いますので、これからしっかりとプラント立てていきましょう。

 

Tas
Tas
この記事では僕を例に出しつつ、必要資金の目安だったりについて触れていくよ。

 

 

せどり・転売・物販の必要資金は取り組む手法によって異なる

例えば、仕入れた在庫の回転率がかなり悪い手法に取り組んでいる場合は、それに応じて必要資金額は増えていきます。

 

当然ですが、仕入れた在庫の回転が早い手法に取り組んでいる場合は、必要資金額は少なくて済みます。

 

更に、無在庫での販売となれば更に少ない資金で事足ります。

 

 

つまり、皆さんが取り扱っている手法によって必要資金が異なってしまうので、「どれくらいの資金があれば大丈夫!」という明確な指標は存在しないのです。

 

 

この記事の結論が早速出てしまいました。

 

ですが、ここで終わってしまっては面白くないので、僕が思いつく範囲でそれぞれの手法について必要資金を算出させていただきました。

僕が今取り組んでいない手法については、その手法に取り組んでいる方の話だったり過去のデータから参照にしているのでご了承ください。

 

新品店舗せどりの場合

新品店舗せどりは実際に僕が最初の頃に取り組んでいた手法になります。

 

ホーム系商品、おもちゃ系商品であれば
ROI:20%~30%

ヘルビ系商品であれば
ROI:80%~100%

くらいで取り組んでいました。

 

回転に関しては1ヶ月以内に回転する商品をターゲットに、最悪3ヶ月以内回転までを許容範囲にしていました。

せどりやっている人は大体これくらいの指標にしている人が多いはず。

 

で、利益の指標に関しては資金の30%程度です。

 

10万円用意すれば毎月3万円は稼げるといった感じ。

 

これに関しては僕がやっていたのがかなり昔の話になるので今の基準値とか流行っている手法によって変わってくるかもしれませんね。

 

中古店舗せどりの場合

こちらの僕が新品店舗せどりと同時に取り組んでいた手法です。

Tas
Tas
最初はお店にある商品を新品中古関係なしに全部検索してたな〜

 

中古はカテゴリーではなく状態によって左右するので平均値を算出しました。

ROI:60%~90%

現役で中古をやっている方からしたら低く感じるかもしれないですね。

 

当時は古物取り立てとかでクリーニングとか全然知識もなかったため、店舗で仕入れた時の状態でそのままAmazonに横流ししていました。笑

 

そして、回転は新品に比べると劣ります。

そのため、利益率は良くても当時資金がなかったので結構苦しい思いもしました。

 

中古店舗せどりの利益指標に関しては資金の15%程度です。

 

10万円用意すれば毎月1.5万円は稼げると言った感じ。

 

でも、これに関してですが最近の中古せどりをする人はロングテール商品をトンデモ利益率で販売する方達がいるようで、その方達はこれよりももっと良い感じでやっているかもしれませんね。

Tas
Tas
回転率悪ければ結局資金はもっといることになる気もするけどね。

 

新品電脳せどりの場合

こちらは今もリピートできる商品のみやっています。

ROI:20%~30%

オンラインストアとかから食品とかヘルビ関係やっている人はかなり多いんじゃないでしょうか。

 

こちらは利益の指標に関しては資金の30%程度です。

回転の良いものを狙い撃ちすることが多いためです。

 

新品店舗せどりと同じくらいで10万円用意すれば毎月3万円は稼げる。

 

 

中古電脳せどりの場合

こちらもガンガン回しています。

ROI:60%~80%

古物台帳とかで面倒な面もありますが、この手法は個人的にかなり推しています。

何故なら、店舗ではそのお店にある商品しか仕入れ対象にならないのに対して、ネットであれば店舗とは比較にならない商品数が並んでいます。

それこそ、回転の早い商品だけ狙い撃ちしたりなんかも可能。

 

利益の指標に関しては資金の30%程度です。

 

10万円用意すれば毎月3万円は稼げる。

 

欧米輸入の場合

ROI:20%~40%

僕はテコ入れして利益率爆上げしているのですが、一般的にこんな感じではないでしょうか?

メジャーな手法がAmazon.comから仕入れてAmazon.co.jpに流すというものですね。

 

他にもebayから仕入れてヤフオクなどに流したりする手法も存在しまうが、Amazon輸入に比べたらやっている人は少ないですね。

 

利益の指標に関しては資金の15%程度です。

国外からの仕入れになるため、商品の売り出しと現金回収までのスピードが遅いためですね。

10万円用意すれば毎月1.5万円は稼げる。

 

中国輸入転売の場合

ROI:50%〜100%

中国輸入転売はメルカリで主流の手法ですね。

取扱商品によって異なりますが、利益率はそこそこ良い印象です。

 

利益の指標に関しては資金の30%程度です。

こちらも海外からの仕入れになるので販売までの時間がかかりますが、利益率がそこそこ良いので30%程度くらいで見積もりました。

10万円用意すれば毎月3万円は稼げる。

 

資金はできるだけ用意しましょう

ここまで記載してきた指標は、あくまでも僕の中の情報から算出したものですので、取り組んでいる手法やスタイルによって変わってくると思います。

 

そして、今主流の手法に共通することはそこそこ資金はあった方がいいなということです。

上記の手法に取り組んでいる方やこれから始めようとしている方は、目標利益額の3~5倍くらいの資金があった方が良いかと。

 

 

 

Tasの場合

ここからは僕の事例になります。

僕は資金20万からスタートして、現在は300万利益くらいをウロウロしています。

 

スタートしてから早い事5年目に差し掛かっているのですが、どの様にして300万利益を出せるくらいまで資金を増やしたのか。
また、300万利益を出すのにどれくらいの資金を回しているのかについて記載させていただきます。

 

あわせて読みたい
ネット物販で月利100万~300万円稼ぐために必要な考え方この記事は、今からネット物販を始めるという方ではなく、どちらかというと月利で50~100万円程度をウロウロしているけど伸び悩んでいるとい...

クレジットカードでパワープレイした

あまり、大きな声で言いたいことではないのですが、当時は資金が全くなかったので、クレジットカードで資金をブーストしました。

 

そして、物販に使用できる資金以上の仕入れを何食わぬ顔で行いました。

今考えれば自殺行為です。

 

これから取り組む人は資金以上の仕入れはしない方がいいです。

ですが、資金内の仕入れで上手く回せば支払いを後回しにできるので、クレジットカードは非常に優秀です。

クレジットカードは計画的に利用すれば優秀な武器になりますが、無茶な使い方をすると自滅します。

 

 

増えた分そのまま仕入れに突っ込む

資金が本当に少なかったのですが、始めた時からこれで食っていけるだけの収入を得ることを目的としていたので、資金を増やしていく必要がありました。

 

で、どうやって増やしたかというと増えた分をそのまま仕入れ資金に当てるという単純な方法です。

 

そして、クレジットカードの枠も毎月満額まで利用していれば自然と増えていくので見る見る仕入れ金額は増えていきます。

 

 

300万利益を出すのにどれくらいの資金を利用しているか

今回している資金ですが、大体毎月700万円〜1000万円くらいです。

300万くらい出したいという人は一つの指標にしてみてください。

 

目標利益に応じた資金計画は早めのうちから

最初にも言いましたが、早い段階で目標利益を設定して終わるだけではなく、そのために必要な資金の計画、資金を増やしていくための手法の計画はしっかりと行うことが大事です。

 

それこそ、資金が足りないのであれば融資を受けるというのも一つの手ですね。

僕も現状は間に合っていますが、圧倒的資金不足を感じたら速攻融資を受けようと検討しています。

 

今のうちから計画的に資金を用意していきましょう。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

僕は大学3年生の時に初めて自営業という道も選択肢にあるんだということを当時読んでいた本から学びました。

それから死に物狂いで勉強と実践を重ねて約半年後の大学4年生の春に法人設立まで至りました。

大学生で会社を経営している方ってたまにテレビの番組だったりネットニュースに流れてきますが

「才能があったからできたんでしょ?」という声も少なくありません。

しかし、僕自身はこれといって起業センスに長けていてお金儲けが得意だったというわけではありません。

事実、通っていた大学は名前を出すのも躊躇うほどのレベルの低さ。そして、ビジネスについて勉強を始めるまではお小遣いとアルバイト以外で何かを売って人からお金を頂くという経験をしたことがなかったのです。

 

そんな僕でも学びに対して目を背けずに立ち向かうことで、結果的に法人を設立してお金を稼ぐことができるようになりました。

ここに至るまでのプロセスは才能ではなく「努力」と「慣れ」がもたらしているものです。

「会社を設立する」なんてことは今の時代誰でもできますし、大事なのは会社を作ってからです。

法人設立後も気を緩めずに自分と向き合っていくことで稼ぎ続けることができ、そのチャンスは誰にだってあるのです。

 

僕が、この世界に足を踏み入れ、たくさんの学びを得て、会社を作るまでの過程とその理由を下記の記事では公開しています。

>>凡人の僕が会社を作って自営業で生活している理由<<

このブログを読んでくださっている方は「お金を稼ぎたい!」「経営について学びたい!」と考えている方がほとんどだと思います。

そんな方の参考に少しでもなれば嬉しいです。

ーーーーーーーーーーーーーーー
PS

物販ビジネスなどのクローズドな情報や、経営についてあまり全体公開できないような内容を下記のLINEマガジンにて無料で発行しています。

ご興味があれば登録してみてくださいね。

LINEマガジン登録はこちらをクリック!