【無料】LINEで最新情報を配信中!
中国輸入

新品せどらー終了のお知らせ? Amazonが規約改定!

Amazonが2017/9/12に規約を変更しています。

内容としては『コンディションガイドライン』についてです。

Amazonでは取り扱うことのできるコンディションは

・新品
・中古-ほぼ新品
・中古-非常に良い
・中古-良い
・中古-可

に分類されています。他にも例外で再生品やコレクター品があります。

 

 

今回の規約変更は『新品』のコンディションに関するものです。新品コンディションの出品禁止商品に関して3つの条件が今回新たに追加されました。

以下のいずれかに該当する商品は、新品としてAmazonに出品できません。

・個人(個人事業主を除く)から仕入れられた商品
・メーカーが提供する保証がある場合、保証期間その他の条件において、メーカーの正規販売店と同等のメーカー保証を購入者が受けられない商品
・Amazon.co.jp上(Amazonマーケットプレイスを含む。)で仕入れられた商品

 

 

個人(個人事業主を除く)から仕入れられた商品の禁止

 

せどり、転売を行なっている方の多くは、フリマやオークションサイトで個人から仕入れていると思います。

 

メルカリ、ラクマ、フリル、ヤフオク、モバオクなどでの仕入れがNGという解釈になります。

 

ただし、この規約変更は新品コンディションのみ適用なので新品のコンディションでは販売できませんが、「中古-ほぼ新品」のコンディションでは販売できるようです。

 

ただ、ヤフオクでは個人事業主の方や業者の方も多く出品しているのでその点がどうなのかが今後の展開です。

 

 

メーカーが提供する保証がある場合、保証期間その他の条件において、メーカーの正規販売店と同等のメーカー保証を購入者が受けられない商品の禁止

ここら辺はあまり関係がなさそうです。

新品商品を扱う場合はメーカーと同じ保証が受けられるようにしておいてくださいということですね。

 

通常、商品には説明書や保証書が付属しているものがほとんどですし、保証がない商品も数多く存在しているので気にする必要はないです。

 

 

Amazon.co.jp上(Amazonマーケットプレイスを含む。)で仕入れられた商品の禁止

今回の規約変更で一番影響を受ける人が多いのはこれだと思います。

刈り取り終了です。

Amazon.co.jpで販売されている商品を仕入れて販売することができなくなります。

しかし、今のところ.jpでの仕入れを禁止とのことなのでUS、UKでの仕入れはまだ健在ということですね。

 

追伸:

2018年9月現在、普通に刈り取りも行われていますのでこの規約は何か問題があった際に落ち度として扱われている感じですね。

 

 

 

今後の方針

※今すぐにせどりや転売が完全終了ということではありません。

実際に個人からの仕入れが禁止になっても、それをAmazonが判断することはできません。

 

万が一請求書を提出してくださいということになった場合にも知り合いの個人事業主から仕入れたことにしてしまえば規約には反していないことになります。

 

刈り取りに関してもAmazonの購入アカウントはIPや販売アカウントの紐付けがありますが、これをうまく避けるようにすれば問題ありません。

 

Amazon限定商品に関しては仕入れ場所はAmazonしかないのでこれだけ販売が不可能ということになりますね。

 

しかし、忘れてはいけないのが

上記の販売手法はAmazonの規約違反スレスレのグレーゾーンだということを理解してください。

 

今年になってメルカリもAmazonもどんどんセラーに厳しくなっています。

今後も長く物販を続けていくには、別の売り場の開拓や他の逃げ道を今のうちから作っておかなくてはいけませんね。

 

 

 
ーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は大学3年生の時に初めて自営業という道も選択肢にあるんだということを当時読んでいた本から学びました。

それから死に物狂いで勉強と実践を重ねて約半年後の大学4年生の春に法人設立まで至りました。

大学生で会社を経営している方ってたまにテレビの番組だったりネットニュースに流れてきますが

「才能があったからできたんでしょ?」という声も少なくありません。

しかし、僕自身はこれといって起業センスに長けていてお金儲けが得意だったというわけではありません。

事実、通っていた大学は名前を出すのも躊躇うほどのレベルの低さ。そして、ビジネスについて勉強を始めるまではお小遣いとアルバイト以外で何かを売って人からお金を頂くという経験をしたことがなかったのです。

 

そんな僕でも学びに対して目を背けずに立ち向かうことで、結果的に法人を設立してお金を稼ぐことができるようになりました。

ここに至るまでのプロセスは才能ではなく「努力」と「慣れ」がもたらしているものです。

「会社を設立する」なんてことは今の時代誰でもできますし、大事なのは会社を作ってからです。

法人設立後も気を緩めずに自分と向き合っていくことで稼ぎ続けることができ、そのチャンスは誰にだってあるのです。

 

僕が、この世界に足を踏み入れ、たくさんの学びを得て、会社を作るまでの過程とその理由を下記の記事では公開しています。

>>凡人の僕が会社を作って自営業で生活している理由<<

このブログを読んでくださっている方は「お金を稼ぎたい!」「経営について学びたい!」と考えている方がほとんどだと思います。

そんな方の参考に少しでもなれば嬉しいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

PS

物販ビジネスなどのクローズドな情報や、経営についてあまり全体公開できないような内容を下記のLINEマガジンにて無料で発行しています。

ご興味があれば登録してみてくださいね。

LINEマガジン登録はこちらをクリック!